[Bitget]ビットコインエコシステムの発展を促進するためライトニングのサポートを開始!

[Bitget]ビットコインエコシステムの発展を促進するためライトニングのサポートを開始!
  • URLをコピーしました!

暗号資産取引所(仮想通貨取引所)のBitgetは、2024年6月12日、同取引所の入出金機能において、

ビットコイン(BTC)のオフチェーン決済手段であるLightning Network(以下、ライトニング)のサポート開始を発表しました。

目次

ライトニングのサポートを開始

ライトニングのサポートを開始すると、少額決済や頻繁な取引に適した、より高速で低コストのビットコイン決済送金が可能となります。

ライトニング

ライトニングは、ブロックチェーンの能力を拡張し、より効率的かつ安価にトランザクションを処理する「マイクロペイメントチャネル」という少額決済向けのシステムを用いたビットコインのセカンドレイヤーです。

オフチェーン取引(ブロックチェーン外での取引)を導入することで、ビットコインに関連する不便を解決するために設計されており、ピア・ツー・ピアと呼ばれる二者間の取引に使用されます。

エネルギーコストの削減にも貢献

トランザクションの完了までの長時間待機・高額な手数料を支払うユーザーの優先など、暗号資産取引における複数の問題に対処できるようになっており、高額なビットコインのエネルギーコストの削減にも貢献します。

また、スマートコントラクトとマルチシグ(複数署名)をコアコンポーネントとして採用することで、指定された受取人が決まった資金を安全に受け取ることを保証します。

Bitgetでライトニング支払いを利用するには

Bitgetでライトニング支払いを利用するために踏むステップは至ってシンプルです。

ビットコインの預け入れまたは引き出しの際にネットワークをライトニングに切り替えることで、ユーザーはオフチェーンで高速かつ低コストの取引を効率的に行うことができます。

その後、ユーザーはインボイスを使用して、ライトニング・ネットワーク上でsats(ビットコインの最小単位)を送受信することができます。

Bitget CEOのコメント

Bitget CEOであるGracy Chenは、今後のライトニングのポテンシャルについて以下のようにコメントしています。

「ライトニングネットワークはビットコインのエコシステムにおいて重要な技術です。既存のスケーラビリティの問題に対処するだけでなく、将来の成長とイノベーションのための基盤を築き、日常的な決済手段としてのビットコインの実用性を高めることができます。 強気相場の間は、より多くの参加者や投資家を業界に引きつける可能性があります。 将来的には、ライトニングネットワークを活用することで、より高度なDAppsの開発、新しいアセットの発行、ビットコインエコシステム内の追加機能やユースケースの統合が進む可能性があります」

Bitgetとは

Bitgetは、2018年に設立された、世界をリードする暗号資産取引所およびWeb3企業です。

100以上の国と地域で2,500万人以上のユーザーにサービスを提供しており、

コピートレード機能やその他の取引ソリューションにより、

ユーザーのスマートな取引を支援することに尽力しています。

以前はBitKeepとして知られていたBitget Walletは、

世界トップクラスのマルチチェーン暗号資産ウォレットであり、ウォレット機能、スワップ、NFTマーケットプレイス、DAppsブラウザなどを含む様々なWeb3ソリューションと機能を数多く提供しています。

Bitgetは、伝説のアルゼンチン人サッカー選手リオネル・メッシ選手や、eスポーツイベント主催者であるPGLを含む信頼できるパートナーとのコラボレーションを通じて、暗号資産を受け入れる個人を鼓舞しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次